力の出し切り方

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 6 10月 2016 9:33 AM

「最近は全力で仕事する人って見かけないですね」

とクライアントさんのひとこと。

確かに、全力で仕事に向かっている人は

ほとんど見かけなくなった。

力を出し切って1日を終える、といった

感じの人がほとんどないのです。

ただ、仕事力を向上させようと思うと

【力の出し切り方】

が大きな影響を及ぼします。

「どうしてもっとやらないの?」

と思ってしまうことが多い。

毎日、全力で取り組まなくても、大切な

仕事を任された時は、集中して全力を

出し切ることからやってほしい。

そのポイントがずれると結果は遠のいていく。

人は、全力を出すことにもともとストッパーが

かかっています。

だからこそ、仕事の部分部分で

【全力を出す訓練】

が必要なのです。

エネルギーを使い切る、という経験を呼び覚ます

ことなのです。

もっている実力をすべて出すことなのです。

遠慮したり、出し惜しみしたり、

途中で満足したりするときに、自分の成長は

ありません。

何歳になっても同じです。

 

 

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/