公平な評価ではなく公平なチャンスを

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 9 4月 2013 8:18 AM

 

「それは公平にならないのではないでしょうか?」

評価制度を導入する時や、表彰制度を導入する時に

こんな声が社内から出てくるものです。

不公平でいいのか?

という問題ですね。

評価する、認める、ことは完璧にできることでは

ありません。

全員が納得することは不可能、という事実があります。

ですが、評価制度、表彰制度は社内には必要なこと。

ですから、「不公平」という声に対しては、

「公平なチャンスは与えている」

と伝えることだと感じています。

チャンスが不公平ならば、評価に偏りがあるのは

問題があるでしょう。

しかし、チャンスが公平ならばいいわけです。

ここは、リーダー、経営者がブレない言葉で

断言してほしい部分です。

どちらかと言えば、リーダーや経営者がブレるか

どうかを試されている一面とも言えますね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/