利他的遺伝子を持っている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 25 3月 2013 7:09 AM

 

遺伝子研究の世界では、遺伝子というのは

「利己的」

と多くは考えられているそうです。

たとえば、

「自分の延命のためならなんでもやってのける」

ということ。

それが、少しずつですが、遺伝子にも

「利他的」

な遺伝子の存在が確認されはじめたようです。

遺伝子レベルでも

「協力し合う」

ということです。

興味深い話しです。 

何かを進化させる時には、【利他的】な要素が

なければ進みません。

協力する、フォローする、時には引っ張る。

これが、人の遺伝子には元々備わっている、

ということが証明されつつあるのです。

 ということは、誰でも利他的な行動を選択する

ことが可能だ、と言い換えられるかもしれません。

またひとつ、常識とされていたものが覆る時ですね。

 

【出典】

「今こそ日本人の出番だ」村上和雄著

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/