相手ができないことを知っておく

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 2 1月 2013 7:46 AM

 

競争したくなくても、競争になるのがビジネス。

相手より、これだけのことができる、と差別化をはかる。

しかし、その差は、すぐなくなる。

相手も追いついてくるからです。

では、そうならないためには?

ひとつの手法として、

【相手ができない領域を知っておく】

ことです。

相手の商品構成

商品仕入れルートの制約

価格設定の制約

など相手にも逃げられない状況があるものです。

それを知り、できない領域へ手を打つことが

大事なのです。

 そうすれば、差別化の持続へつながります。

こうした違う視点で見ることの大事さを最近は

感じます。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

発想を広げるには逆に条件を増やす

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 木曜日 31 5月 2012 8:22 AM

 

自由な状態、自由な環境において発想が出てくる

と思われています。

ビジネスも縛りのない環境にあれば、売上も

増えるのではないか、と思われがち。

しかし、実際に自由になるとアイデアが出てこないもの

なのです。

たとえば、

誰にでも販売していい、と言われても、発想が

枯渇することがあるのです。 

逆に、限定されればされるほど、時間はかかりますが

アイデアは無限に出てくるものです。

縛りがあるほど、なかなか到達できないものほど

解決へのアイデアが出てくるのです。

逆説的かも知れませんが、社内でアイデアが出ない時は

【制限を増やす】

ことです。ちょっとしたキラーパスを投げることが

次への解決につながるのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/