勝った、と思った瞬間が

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 8 9月 2017 8:12 AM

油断大敵という言葉がありますが

実際には

「勝った」

と思った時が一番危ない、ということです。

勝負の世界、たとえば将棋のプロ棋士でも

勝ったと思った瞬間からミスを連発し

負けてしまうことがあるそうです。

ビジネスも同じ。

やればやっただけうまくいく、売上が増える

という時に「なんでもうまくいく」自分に

酔ってしまうのです。

そのため、戦略のミスを連発したり、ミスジャッジを

繰り返したりしていくのです。

予算に余裕ができるほど、必要ないものを

購入してしまい、2年後に後悔する、という

現象です。

今後、このような事例が増えると予想して

います。

それほど、経営は繊細なものだと思います。

 

 

 

————————————————————–

【5冊目の著書9月6日発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

————————————————————–

【4冊目の著書 8月19日発売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  https://goo.gl/VfGeGi (紀伊国屋書店)

  https://goo.gl/dxa3td (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/csS1Bt (三省堂書店)

  https://goo.gl/CR99DA (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

【3冊目の著書 】2017年7月発売

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋書店)
  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/HdeiXi (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
【講演の依頼については】

勝つと思わせた人が本当に勝ってしまう

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 23 3月 2015 8:08 AM

 

人は『勝ち馬に乗ろうとする』と言われています。

ということは、リーダーは、

『勝つと思わせる』

ことも大切なんですね。

絶対的な自信を表現し、態度であわらし、

「この人なら勝てるだろう」

と思わせることが結果を大きく左右するわけです。

ただし、

見せかけだけでは見抜かれてしまうことも。

 仕事では、

【戦略】と【態度】

の両方が求められますね。

言っている内容に整合性がなかったり、

ころころ変わったりしていては理解できません。

両方が安定し、一貫性があることに人はひかれていくのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

基本的に想像力の勝負なんです

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 23 10月 2013 8:16 AM

 

プロ登山家・竹内洋岳氏の言葉から。

「登山は基本的に想像力の勝負なんです。

・・・自分がそこで死んでしまうかもしれない、

ということをいかにリアルに想像できるか。

リアルに想像しさえすれば、死なないためには

どうしたらいいか、も具体的に見えてくる。

だから、想像力が成否の鍵を握ると思いますね。」

状況は違いますが、経営にも同じことが

言えると思います。

将来をリアルに突き詰めて想像できるかどうか、

が経営を左右するのです。

悲観的すぎず、楽観的すぎず、

想像していきたいところですね。

 

【出典】

http://diamond.jp/articles/-/43501?page=3

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

見えないところで勝負しても仕方ない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 将来への投資,第2章事業創造 | 火曜日 7 2月 2012 12:01 PM

 

 ビジネスでがんばろうとするのは、

わかりますが、そもそも見えていない

ところで勝負しても仕方ありません。

 

しょせん、勝負では勝てないところに

行ってしまうのです。

 

とくに勉強好きな方には酷な言い方

かもしれませんが、

見なければならないところ

見ておかなければならないところ

わかっておかなければならない部分

を見えてからにしましょう。

 

私もまわり道をずいぶんしてきました。

「見えないところ」

に一喜一憂し、過ごしてきたとも言えます。

 

ただ、順番がちがったな、と感じているのです。

優先がちがう。

見えていないところでいくらがんばっても

ムダが多すぎる。

 

だからこそ、見えない部分から時間をかけて

見るようにしなければならない。

 

特に、顧客の姿。

顧客の心理。

顧客の要望。

顧客の欲求など。

 

そこがはっきり見えるまでは、ある意味

がんばらない方がいいですね。 

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/