図書館で本を借りると作家に印税が支払われるフィンランド

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 28 9月 2016 9:15 AM

フィンランドでは、

図書館で本を借りると作家に

1冊あたり15円の印税が支払われる。

これは、作家を育てるため、守るための

制度にあたります。

日本には、このような制度はありません。

日本では、図書館で同じ書籍が複数冊

置かれることがあります。(ベストセラー本)

これでは、書店で本も売れませんし

作家に印税も入りません。

若手の作家が育ちにくい環境といえます。

作家を育てるには時間と費用がかかるものです。

絵画、音楽でも同様。

育成し維持する制度がなければ廃れるだけです。

このフィンランドの取り組みは、その点で有効だと

感じます。

図書館で読まれた書籍に印税を支払うことは

導入すべき、と感じました。

 

 

【出典】

http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/24/finland-library_n_12165616.html

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/