中抜き

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 2 2月 2018 6:56 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3327投稿目】

アマゾンジャパンが書籍を印刷会社から

直接調達する形式を取りはじめました。

 

アマゾンジャパンが出版社に直接発注した

雑誌などを印刷会社から直で自社倉庫に

入れることになります。

 

いわゆる取次店の存在を中抜きする

形になります。

 

現在、アマゾンジャパンと直接取引きをしている

出版社は300社弱。

 

出版社全体の1割程度だと予測されますが

この割合が2割を越えてきた時に一気に

流れが変わるでしょう。

 

出版業界は雑誌が売れない状態が続いていますが

去年はマンガ本も大幅ダウンしています。

 

こうした状況の時は、既存取引きルートだけでなく

新たなルートを模索するのが普通になります。

 

今後、直接取引きの形態が新たにあらわれて

くることも予測ができます。

 

経営において既存ルートを利用することが

優先されますが、状況が悪化すれば簡単に

崩壊する、ということです。

 

今回は中抜きという形であらわれただけです。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26392390R30C18A1TJ2000/

 

大手取次業者の減少

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 26 6月 2015 8:49 AM

 

出版社と書店の取次を行うのが取次業者。

その業界で準大手と呼ばれる会社が

1社減少しました。

1991年10月期には約701億7900万円を計上していましたが

2014年9月期(97年に決算期変更)の年売上高は

約329億3100万円に減少し、債務超過に転落していたようです。

20年前に半分まで落ち込み。

また、業界の再編が行われるでしょう。

 

【出典】

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4069.html

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】