年末合宿

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 30 12月 2016 8:08 AM

ミーティンング

サービス業で年末年始が繁忙期の業界は

この時期、会議やミーティンングもできない

ことが多い。

そのため、通常の冬季休暇がはじまった

時期に十分な時間を使ってミーティンングや

合宿をすることがあります。

特にリーダーを育成するには、忙しい時ほど

ミーティンングや研修を行うべき、と感じます。

「忙しいから、今はできない」

といったことを言い続けているリーダーが

成長したのを見たことがないからです。

忙しくても、年間計画に基づいて、

やるべき項目は少しでも進捗させること。

これに尽きます。

本当に忙しくて、パンクするのであれば

抜本的な解決を考えることも今の時代は

求められています。

残業に関しても厳しくなりました。

守らなければ会社名を発表する、という

国の方針も決定したようです。

制約条件が狭まることは経営にとって

歓迎すべきこと。

今までできなかった改善に手をつける

ことが可能だからです。

制約条件が狭まり条件が厳しくなるほど

「楽しい」と感じ、解決に向けて

チャレンジする姿勢でいたいですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

3月は合宿の時期

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 木曜日 1 3月 2012 10:29 AM

 

3月になりました。

ちょうど、3月が期末、半期末になる会社が

あるので、

役員合宿

マネージャー合宿

経営計画発表会

などの取り組みが多くなる時期です。

 

では、何のためにそこまで時間と費用を

かけて行うのか改めて考えてみたい。

 

メリットとデメリットを考えてみますと

【メリット】

長時間まとめて時間が取ることが可能

連絡でさえぎられることがない

【デメリット】

一箇所に集まるため移動の労力とコストがかかる

会社の稼働が一時的に止まる

 

などがあげられます。

実際に行なってみると実態はわかりますが、

大きな効果としては、

 

 エンドレスの会議には、参加者の逃げ場がないので

答えを出さなければならない

(黙ったり、その場をとりつくろったりできない)

 

ということが一番大きいのではないでしょうか。

【やるのか、やらないのか】

【答えを出すのか、出さないのか】

【アイデアを出す、出さない】

など、今までの会議でやりたくても、なかなか

できなかったことが可能なわけです。

 

また、プロジェクト、企画、経営計画などの

スタートを切るときにも意思統一として有効です。

関係者全員が集まる場、というのは、独特の

雰囲気を生じます。

エネルギーの集合です。

これが、スタートを切るときに後押しをするのです。 

 

過去にも、合宿を機に大きく変化した会社が

何社も実際にあります。

 

このように、手間がかかるものだからこそ、

有効であり、効果的。

今年の3月も楽しみです。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/