分析すると商品力が低いということがわかりました・・・

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 22 5月 2015 9:33 AM

 

分析は、単眼ではなく複眼的な思考を

しなければならない。

しかし、意外に思い込みで分析結果を出して

しまう人もいる。

先日も、業績が芳しくない部門のリーダーが

「商品力がないのが原因です。」

と報告していました。

「商品力のある商品があれば・・・」

と今後の展開も持論を展開。

聞きながら、『現状では業績が上がらない』と

いうことか、と残念な気分が・・・。

 分析結果をひとつの見方で考えれば商品力がない、

という結論になりますが、別の視点では

『商品の良さが理解されていない』

ということも考えられます。

というのも、売れているのがゼロではないから。

理解した人には良さが伝わり、購入していただけるので

あれば、まだまだできることはある。

複眼視点で分析結果を見ることができれば

即、業績は上がっていきますね。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】