同化していく

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 28 2月 2018 8:55 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3353投稿目】

業界のシェアを大手数社が占めている場合、

各社から提供される商品やサービス、価格が同化してきます。

 

携帯キャリアの価格はドコモ、KDDI、ソフトバンクの

3社が横並びになりました。

 

当初はソフトバンクが価格攻勢をしかけましたが

時間とともに横並びに落ち着いたのです。

 

ただ、新規参入の会社があればまた価格、サービスが

競争していくのです。

 

楽天が参入を表明していますので、これからの動きが

楽しみです。

 

どのような戦略を立ててくるかに注目です。

 

他にも、航空業界はJALとANAが2強なので提供する

サービスが同化しています。

 

たとえば、機内Wi-Fiサービス。

国内線はJALが無料でANAが有料でした。

 

40分550円、時間制限なしで1,050円という

価格でANAが提供しています。

 

これが4月から無料になります。

理由は正確にはわかりませんが、思ったより

有料でWi-Fiを利用する人が少なかったので

無料という経営判断をしたとも予想できます。

 

もしくは、JALが無料だったのでANAも

JALに合わせていくことを優先したかもしれません。

 

このようにサービス、価格帯が同化する現象が

発生するのです。

 

ということは、業界の大手会社寡占状態を見れば

将来予測ができるということになります。

 

【出典】

https://goo.gl/QEfs7R

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/wifi/

 

 

 

営業は商品を選べない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 19 6月 2017 6:56 AM

 

営業の書籍を執筆中なので営業に関することを

考える機会が増えています。

営業の仕事は商品を販売すること。

会社によっては商品を仕入て販売する

販売専門会社(商社)型もあれば

自社で商品を開発製造するメーカー型も

あります。

どちらの型も営業さんは商品づくりに

直接の責任を持ちません。

そのためか、売れ行きがわるくなると

商品のせいにして言い訳をはじめるのです。

不思議な現象ですね。

なぜなら、売れないと言われる商品を

数多く売る営業さんも世の中にいるからです。

一人でも数多く売っている売る営業がいる限り

商品のせいにして言い訳している営業さんの

意見は正しいとは言えないのです。

そもそも営業さんは販売することが仕事なので

売れにくい商品をいかに販売するかが実力なのです。

売れる商品があるのなら広告宣伝だけで売れてしまい

営業さんの仕事は商品説明するだけになってしまいます。

その点を誤解せず前に進んで言ってほしいところです。

実力がつくのは売れにくい商品を売る努力をする

ところからうまれるものです。

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

時短商品増加中

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 17 6月 2017 7:48 AM

時短商品が増加しています。

食事をつくる時間の短縮は前から

ありましたがさらに時間が短く

なっているようです。

電子レンジなら1〜2分

炒め物で10分

といったように。

他にも、

スプレーするだけの食器用洗剤

も出ていますね。

時短はアイデア

だと思っておりますが今後も

アイデア商品が出てきそうです。

 

 

【出典】

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ12H0P_V10C17A6TI1000/

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

省力化部材が広がる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 11 3月 2017 8:57 AM

建築をはじめ工事現場では作業する人が

不足している状態が続いている。

人口減で労働者数も減少すれば、さらに

追い打ちをかけることになる。

そんな中で注目されるのが、省力化商品。

部材でも省力化できることは多い。

たとえば、

水道(給水)配管の省力化商品では

・巻き癖がなく

・巻き出しが楽

・2人かかっていた作業が1人でも可能

となっています。

動画をご覧いただくとわかりやすいですが

作業が楽ということは、時間の短縮、

作業人数の減少につながるので、コスト減が

しやすい。

特に今まで作業効率があまり上がっていない

建築現場などは効果が大きいはず。

こうした取り組みをいち早く試す会社ほど

結局のところ効率アップ、利益増を

勝ち取ることができるわけですね。

 

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

業績の改善は安売りでは不可能

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造,第3章営業と販促 | 木曜日 3 5月 2012 11:30 AM

 

業績の改善は値引きでは達成できません。

不可能です。

そんなこと当たり前だ、と思いますが

再度記しておきます。

 

では、業績の改善はどのように成し得るのか?

それは、

【利幅の大きい商品を育てあげる】

ことしかありません。

 

1商品でも多く利益率の高い商品を

開発し

テスト販売しながら改善していくこと。

 

基本に忠実に取り組んでも成果として

利益数字が伸びない時は

【メイン商品】

と呼ばれる商品が少ないことが要因。

 

これは、短期では実現しない。

最低1年がかりで取り組まなければならない。

だからこそ、経営者が責任をとって

旗を振らなければならないのです。

同時並行で進めることが優先されるのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/