もう問題の先送りはしない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 13 7月 2015 8:32 AM

 

経営の判断をする時に、

『もう問題の先送りはしない』

ということを念頭において決断すべきです。

そうしないと、どうしても

「まだ、様子を見るか」

という迷いが生じます。

様子を見ることに意味がある場合もありますが

迷いから生じる先延ばしは、期間が

延びるだけで状況が好転することは少ない。

たとえば、利益の出ていない事業が様子を見て

利益が出るようになることが少ない、という

ことが現場ではよく発生しています。

新規事業、新規出店、新規進出など問題の先送りに

なりやすい事項です。

だからこそ、『問題の先送りはしない』とリーダーが

自分の中の決め事にしてしまうことですね。

 

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/