人は能力以上に働かなければならない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 26 10月 2013 8:29 AM

 

 

土光敏夫氏の言葉から。

「「私はだいたい、人は能力以上に働かなければ

ならないという重荷主義を信奉する。

その人が100キロのものが持てるとすれば、

120キロのものを持たせ、120キロが持てれば、

140キロを持たす。人間を能力以下に置くのは、

むしろ罪悪である。人間尊重とは、ヘビー労働を

かけ、その人の創造性を高めることだ。

 やり甲斐、働き甲斐は、やってみてはじめて

出てくる。やりもしない、働きもしないで、

どうしてそのような喜びが得られるだろうか。

生き甲斐にしてもそうだ。精いっぱい生きる努力を

して、はじめて生きる喜びを知るのだ。」

(『私の履歴書』より)

今の時代では、なかなか言えない内容かも

しれません。

自分で気がつくしかないですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/