リカーリングのビジネスへ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 4 2月 2018 8:56 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3329投稿目】

リカーリングとは、

「循環する」

「繰り返される」

という意味の言葉です。

 

経営においては、

・売り切りではなく継続的収益をあげる

という意味で使われます。

 

たとえば、メーカーであれば商品を

販売して終わりになります。

 

継続的な収益をあげるためには

・オプション販売

・バージョンアップパーツ

・消耗品販売

などを行っていくことになるのです。

 

ただ、継続的な収益をねらうときに

顧客の気持ちを理解せず、一方的に

打ち出すと循環が止まってしまいます。

 

このあたりを誤解している人がいる

のではないでしょうか。

 

あくまでも、顧客視点で顧客側に

・メリット

・利益

が優先されていることなのです。

 

経営者は経営において継続的な

収益を考えなければなりません。

 

特に売り切り型で経営してきた会社ほど

今後は継続的収益の%を増加させることが

安定した経営へと移行できるのです。

 

景気が上向いている時に、こうした

継続的な収益部門を構築していくことだと

感じています。

 

 

前年と同じ数字を・・・

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 5 7月 2017 6:15 AM

「前年と同じ目標を設定したいと・・・」

という報告を聞いて思うことは

・前年並みということは今期は下がるな

ということです。

前年並みの目標を掲げた人、掲げた会社が

前年並に終わることはありません。

前年以上になることもありません。

結果は微減。

僅かに下回ることが多いのです。

これには例外がありません。

忙しい現状があるから前年並みに

設定したい気持ちもわからないわけでは

ありませんがそれでは進歩がありません。

現状を改善し、結果は成長させることを

目指すべきなのです。

 

 

 

【3冊目の著書が7月7日発売されます 】

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

ビジネスモデルは2通り

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造,経営の優先順位 | 金曜日 6 7月 2012 7:58 AM

 

大きな区分けでビジネスモデルを考えるとき、

固定費に比例して売上が伸びるビジネスと

固定費が増えず売上が伸びるビジネス

とに分かれます。

ほとんどのビジネスが、固定費に比例して売上が伸びる

ことが多い。

そのため、企業は大きなリスクを冒すことに

なります。

 どこでバランスを取っていくのか。

それが経営の判断です。

他社と同じ視点で考えれば、固定費を増やし

人を増やし、売上を上げていくことが正しいと

感じてしまいます。

しかし、そうでない現象も実は多いのです。

だれに相談し、何を見ていくのかが、経営者にとって

大きな分岐点です。

冷静に見間違うことのないようにしたい部分です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/