大台を越える瞬間

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 8 5月 2014 8:47 AM

数字には区切りがあります。

「大台を越える」

という表現であらわされることもあります。

この業界線は、

数字の位が変わるところがポイントになります。

たとえば

100→200

900→1000

9000万円→1億円

というような感じです。

営業を職務としている人であれば

年間1億円

が境界線になることが多いですね。

会社であれば

年商1億円

が壁であったり、

月間1億円

が次の壁であったりします。

この壁を越えると、担当者や経営者は

【大きな自信】

を持つことになります。

この瞬間が大切。

越えない人は、いつまで経っても

自信を持つことができません。

3月、4月、5月と最近はこの瞬間を

見る機会が増えました。

ここから更に際限のない領域へ飛び立って

いくことが可能だと感じています。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+) http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】 http://www.businesscreation.jp/balance/ 【経営の優先順位とは↓】 http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/ 【公式サイト】 http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/