範囲を広げて顧客要望に応える

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 25 9月 2013 7:50 AM

 

プラント塗装の会社事例。

プラントメーカーは、プラントを新設するとき

装置メーカー、配管メーカー、塗装メーカーと

それぞれが足場をつくっては、解体していた

そうです。

それならば、最初からきちんと設計された

足場があれば、共用することができ、コスト、

工事期間も短くなります。

しかし、誰も足場設計にコストをかけたくありません。

そこで、プラント塗装の会社が名乗りをあげたそうです。

他にも、この会社は、

マンションの大規模補修時にも

洗濯が干せない場合があるので、乾燥機を設置したり

住民の子どもにも工事説明会を開いたり

洗濯が干せる、干せない、という情報を部屋ごとに

示し、掲示したりときめ細かいサービスを提供しています。

こうした事例を見ると、自分たちの仕事の範囲を決めず

顧客の不満、要望をどうしたら応えられるのかに

フォーカスした方が会社が成長する、ということですね。

 

【出典】

http://www.kashiwabara.co.jp/

http://job.mynavi.jp/14/pc/search/corp54609/outline.html

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/