人の心を動かすのはどの業界も同じ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 12 12月 2012 9:51 AM

 

野球ドラフトが話題になっています。

選手獲得の際にどのようなプレゼンをしているのか、

日ハムが一部公開をしました。

http://goo.gl/mFRz7

30ページ弱のうち、2割を公開しています。

プレゼン資料をしっかりつくり提案する手法は、

プロ野球に限ったことではなく、発祥はJリーグになります。

 久米一正氏の書籍にそれが書かれてあります。

プロスポーツの世界も徐々に経営の概念が定着

しつつあるようですね。

米国のマネーボールのようなことが広がって

いるのでしょう。 

どちらにしても、人の心を動かすためには、

ここまで実行するべきなのです。

口頭ベースでいくら説明されても、資料がなければ

本人はじめ、まわりの人も巻き込んで共感して

いただくことはできません。

ましてや、こちら側が他社と比較して規模などに

不利な条件がある時はなおさらです。

スポーツを見るときも経営の視点を忘れないでいたいですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/