地方で女性が減少していく現象

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 13 4月 2014 7:24 AM

 

人口動態の話です。

出生率は都心ほど低く、地方ほど高い、

というデータがあります。

しかし、2040年(26年後)の推計では

女性が半減する地方自治体が373にもなる、

という予測が出ています。

理由は20代、30代の女性雇用が減少していること。

働く場所が減っている。

工場などの撤退が影響しているようです。

そのため、東京に出て帰ってこないようです。

しかも東京はシェアハウスが広がり、月額5万円

程度で住む場所も確保できる。

こうした環境の変化が大きくなっていくと予測されます。

地方自治体にとっては、女性減少は大きな痛手。

また、企業にとっても死活問題になります。

こうした状況を鑑みて手を打っていくしかありません。

 

【出典】

http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/04/0406.html

http://www3.nhk.or.jp/news/dj/datafile.jpn/20140406/

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/