社内からの質問に答えられるように

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 20 10月 2012 9:44 AM

 

会社の取り組みについて、社内、スタッフから

質問されることがあります。

特にリーダーは、その質問を受ける立場です。

そのとき、質問の答えを会社側で統一しておくことが

かなり重要になってきます。

例えば、

○○を改善する

取り組みがあったとします。

その時に、

・なぜ、この改善を取り組むのか

・なんの意味があるのか

・どんな結果が出るのか

をきちんと答えられるためにトークが

一定化されているのが理想。

答え方を

「これには、・・・という意味がある」

「この取り組みは、必ず・・・した結果が出る」

「・・・は、・・・につながっている」

と具体的トークまで落とし込んでおくことです。

手間ですが、これを怠ると誤解の嵐に社内が

なってしまいますね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

必達目標の定義を確認する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 30 7月 2012 7:04 AM

 

経営計画の目標設定においては、

あいまいさは排除されるべきです。

しかし、現実には、目標のあいまいさ、や

意識のあいまいさが残っているものです。

それを防ぐためにも定義をはっきりさせる

ことです。

ある会社の必達目標の定義を見てみましょう。

「必達目標は数値で明示される。

1度約束したら、予期せぬ状況変化がない限り、

達成しなければならない。

未達成の場合は、具体的な形で責任をとる」

とあります。

この定義は不変のもの。

古い新しいではありません。

常に定義を確認したいところです。

(出典:カルロスゴーンが語る5つの革命)

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/