将来を理解する力をつける

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 13 1月 2016 8:55 AM

将来予測、という言葉があります。

将来、こうした商品が出る、こうしたサービスが

出てくる、と近未来を予測することです。

ただ、感じることは、ほとんどの人は

・断片的な理解

しかしない、ということ。

たとえば、自動車の自動運転が当たり前になるよ

といっても、自分が運転するところしか想像できない。

「どの自動車が自動運転になると、どう変わるのか?」

まで理解することが難しい、ということです。

先日も、ある業界の将来予測を説明していましたが

最初は部分的にしか理解できなかったようです。

2回目に話しをした時に、断片的なものがすべて

つながりだし、「これ、すごいことになりますね」

という理解まで到達しました。

将来予測の断片をつないでいき、最後はひとつの

近未来を理解する、手に取るようにわかることが

求められるレベルなのです。

そこまでいくと、将来予測が【楽しい】時間になるのは、

研究者の姿を見ていればわかります。

仕事も同じで、楽しい時間を増やせるように

していきたいところです。

 

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】