引っ越ししてもリモートワークで

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 2 3月 2018 7:38 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3355投稿目】

リモートワークとは、会社以外の場所、

または遠隔地で仕事をすることを

指しています。

 

テレワークという呼び名も使われます。

 

「出社しなくていいですよ」という

感覚で捉えている人もいるのでは

ないでしょうか。

 

ただ、出社する、出社しない、を

比較してそれぞれにメリットがあるので

経営の判断では優先事項を頭に

入れておくことです。

 

こんな事例がありました。

家庭の事情で実家に帰らなければ

ならなくなったスタッフがいたのです。

 

デザイン系の仕事をしており、主力

スタッフでしたので抜けられると

会社としても痛い。

 

そこでリモートワークを提案。

実際に、リモートワークで仕事を

はじめています。

 

上手くリモートワークが機能している

事例といえるでしょう。

 

このリモートワークは導入する企業

ばかり注目されていますが、廃止した

企業も存在していることを知っておく

ことです。

 

家で仕事をするのは、「困難さ」が

あるからです。

 

事業があって会社に出社できない人が

リモートワークを行う場合は成立する

ことが多いですが、それ以外では

失敗することもあるのです。

 

また、仕事内容が技術系、クリエイティブ系

だとスムーズに進むのですが、それ以外だと

壁があると感じています。

 

ただ、こうしたリモートワークという制度が

導入しやすい時代になったので、場合に

よっては選択肢として提案できることは

経営にとってありがたいことです。

 

ムリに制度導入するのではなく、使いこなす

制度のひとつといえます。

 

 

どうしていきなり導入してしまうのか?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第1章組織,第6章進捗会議 | 火曜日 24 4月 2012 8:25 AM

 

会社は新しい取り組みを導入する時期があります。

その時に、

「いきなり導入」

する会社が予想以上に多いです。

 

外部のアドバイスを聞いて行う経営者は

どうしても慌ててしまい、いきなり、を

やってしまうのです。

 

気持ちはわからなくもないですが

そのようなプロセスでは導入が定着することは

難しい。

 

なぜなら、一方的な経営者の親切になって

しまっているからです。

昨日のブログ、「親切ではなく思いやり」

http://goo.gl/rlsbK

にも書きましたが、こちらが正しいことで

あっても一方的はまずい。

 

相手に理解というレベルで受け取って

もらえないのです。

 

スタートがずれると、それがたとえ1ミリの

ずれであっても、その後大きなミゾと

なってしまう。

そうなれば、会社にとって正しいと思って

導入したことがマイナスの結果になって

しまうのです。

数年間もの期間、尾を引くこともあるのです。

 

一度ミゾができると修復は時間と労力が

かかります。

だからこそ、経営の優先事項として

【最初が大事】

なのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/