「平成27年版労働経済の分析」について

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 16 9月 2015 8:08 AM

 

厚生労働省から「平成27年版 労働経済の分析」が

公表されました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000096944.html 

完全失業率は17年ぶりの低水準、

有効求人倍率も23年ぶりの高水準

となっています。

しかし、その一方で、今後の課題となるのが

・労働生産性の向上

があげられています。

とくに業界としては非製造業の労働生産性が低い、と

指摘されています。

確信への取り組みが遅く、IT化も進んでいない、と。

今後は、組織における労働生産性を向上させる取り組みが

求められていきますね。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】