特売対象外にする

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 6 5月 2013 6:24 AM

 

冷凍パンメーカーの事例です。

メーカーはスーパーに卸すわけですが、再三

値下げを要求される、という悪循環に陥っています

そこで、【商品力】のある会社は悪循環を避ける

手法を選択しています。

テーブルマークという会社を取り上げます。

旧母体は加ト吉で、いったんJTの子会社になり

そこから再度独立した形になっています。

この会社の選択は、スーパーに対して

【特売対象外】

にするよう要請し、納得してもらった取引先には

商品を供給するとのこと。

ここまでできるのは、商品力があってのことですね。

ビジネスはどうしても力学がはたらきます。

強みを持たない会社は、衰退していく現実があるわけです。

 

【出典】

http://goo.gl/x2Dc5

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

強みを活かすのだが過信してはならない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 3 9月 2012 6:19 AM
ビジネスは「強み」を活かしていきます。
これが技術などの強みの場合は、注意が必要です。
技術的な強みは、時には道を見誤るからです。
シャープの事例がそうですね。
液晶という強みに特化。
それは、まちがっていません。
しかし、大型液晶の工場を強気に投資していきました。
これが仇となって現在窮地に陥っています。
ギャンブルや株投資の世界と似ていますね。
勝ち続ける人ほど、賭ける金額、投資金額が大きくなり、
最後1回の失敗で、今まで築いた利益を吹っ飛ばして
しまうのです。
心理的に、「まだいける」と思ってしまい自己暗示から
逃れることができないのです。
常にまわりを見て、判断していくことができる仕組みを
会社には構築しておく必要がありますね。
【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+) http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】 http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】 http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】 http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/