性善説ではなく性弱説

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 20 3月 2013 7:01 AM

 

人を見る時に

性善説か性悪説

のどちらかを選択する、と言われます。

しかし、経営においては

【性弱説】

ではないか、と言われています。

「人は、弱いものだ」

ということですね。

社内不正や横領などその典型です。

やりたい、と思っていなくても

「やっても誰もわからない状況」

があるだけで人は不正に手を染めてしまう。

それぐらい人は弱い存在だ、ということ。

しかし、会社において、不正を起こすことは、

本人の問題ではなくて、会社の

システム、仕組みがわるい、ということです。

だからこそ、

「1人だけで決済させない」

「1人だけでお金を扱わない」

「1人だけに権力を集中させない」

 などの取り決めが必要になるわけです。

振り返って考えたいポイントです。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/