売れるのに時間がかかります

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 29 6月 2017 8:01 AM

新商品発売についてある会議での話です。

新商品を扱いはじめた営業さんが

「この商品は売れるまで時間がかかるんです」

と説明していました。

「この商品、興味を持たれるお客様はいるんですが・・・

なかなか受注までは至らないのです」

とさらに説明は続きます。

これ、説明というより言い訳。

このような言い訳には反論しないことに

しています。

だれかが新商品を売った実績が出れば

静かになるからです。

「売れるのに時間がかかる」と言った彼、

どうなったかといいますとその日に別の方が

新商品の受注を複数してしまい、会議で言った

内容が恥ずかしい内容になってしまいました。

仕事はできないことに執着するのではなく、

結果だけにフォーカスすることです。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

気づいて考えて比べる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 19 4月 2017 7:14 AM

企画を立案するために必要なことは

なんだろうか?

そんな時、

・き:気づいて

・か:考えて

・く:比べる

という「き・か・く」の3原則があります。

リサーチしながら、データ分析しながら

気づくことからはじめる。

気づいたことを並べていくと、そこから

わかる裏側を推測することになる。

裏側だけでなく将来の予測もしたり。

その考えた内容を、実際の競合他社と

比較することにより、方向性が

まちがっていないかを確認できる。

この一連の流れを「き・か・く」3原則と

なるわけです。

覚えておきたい流れですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

どれが戦略なの?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 19 1月 2017 8:27 AM

 

具体的な内容から、どれが戦略といえるのか

考え直してみたい。

たとえば

「経営計画にある将来の数値」

は戦略だろうか?

1年後の売上数値や利益数値であったり

2年後、3年後の数値のことです。

これらの数値は、あくまでも

『目標』

であって戦略ではない、といえます。

では、組織改革は、どうでしょう。

組織改革は戦略なのでしょうか?

ポジション変更、新規部署設置、人材採用などが

含まれます。

この組織改革も実は戦略ではない。

「目標を達成するための手段方法」

にあたり、戦略そのものではないのです。

では、何か戦略なのだろうか?

それは、

・価値発生すること

・自分達しかできない独自性

の2点に絞って説明できる。

価値があり、他にできないこと、が戦略であり

経営にとって最もコアの部分になるのです。

利益の源泉になるのは、戦略のみ。

対象となる顧客はだれか?

対象顧客にどのような商品サービスを提供するのか?

を考えることが戦略。

それ以外は非戦略だと認識してビジネスを

見直していただきたい。

【出典】

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO11753720W7A110C1DTA000

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

競合が少ない時ほど選択できる戦略は限られる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 11 10月 2016 9:21 AM

営業戦略を考える時、競合の数で

選択肢が変わります。

今回考えたいのは、競合が少ない時。

マーケットが限られていて、競合する会社が

2〜3社しかない場合。

この場合、選択肢はほとんどありません。

というのも、お客様から見ても選択肢は

限られるので、真正面から勝負するしか

ないのです。

提供する商品サービスについて、細かく

比較し、負けている部分を変えていく。

勝たなければ、すべて負ける競争なのです。

ゼロか100しかないゼロサムゲーム。

こうした理解をメンバー全員が共有しなければ

競合より先に行くことはできません。

厳しい戦いなのです。

 

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

戦略の定義

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 28 5月 2016 8:38 AM

戦略の定義を語る時に、人それぞれの表現があります。

ある人は

・戦略は、簡略化すること

と言っている。

他の人は

・戦略は、略すること

とも言っている

大切なことは、選択肢の中から選ぶことではなく

・何をやらないのか?

・どう簡略化するか?

ということに収斂されていく。

やるべきことと、やりたいことが今の時間管理で

おさまらなくなる人は、この戦略はということを

実感している。

会社で考えれば、人とお金に限りがあればあるほど

戦略を練りに練ることになるわけです。

逆に余裕がある人や会社は、戦略の詰めがあまく

なってしまいがち。

ということは、ギリギリまで詰め込むのも

初期段階の戦略のひとつ、ということになる。

 

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/

戦略がいまいちでも実行力でカバーできる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 27 9月 2013 8:12 AM

 

戦略やイノベーションばかり取り上げられる

傾向にあります。

一見正しいように見えます。

しかし、経営はバランスが大切で他にも

重要な要素がいくつもあるものです。

その調整する部分の調和が経営の

総合力となっていくのです。

たとえば、戦略も実行されなければ

何の結果ももたらさない事実があります。

当たり前過ぎますが、見ていない経営者や

リーダーも多いと感じています。

どちらかと言えば、組織を動かせない、

実行力のない経営者やリーダーほど、

戦略や理論に走りがちです。

偏ることは、芳しくありません。

広い視野で眺め、調和を考えたいところです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

混乱から抜け出すには

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画,第5章実行 | 火曜日 15 5月 2012 8:46 AM

 

混乱している社内。

そんな時、どうするのか?

 

企業の大きさに関わらず、混乱する時は

混乱してしまう。

特に、外部環境の大きな変化が生じた時は

社内に大きな混乱が生じるものです。

 

混乱の状況を見ると

1)現状を理解していない

2)ビジョンがない

3)戦略もない

4)優先順位がない

5)判断の尺度がはっきりしない

6)縄張り意識が強い

のような事実が浮かび上がります。

 

ここから整理して社内に光を灯さなければ

ならないのです。

 

こんな時は、セオリー通りに進めるべき。

現状の把握も、経営者が自らリサーチする

ことも必要。

時には、競合先に出向いて状況を教えて

もらうことも重要になります。

 

この時は、

■業界のことを聞く

■お互いの競合先について評価を聞く

■自社の評価を聞く

ことです。

 

どんなデータリサーチよりも、直接現場に

聞きに行った方が正確で早い。

しかも、費用も安い。

 

事実をつかみとり、将来の方向性が見えれば

混乱から抜け出す道すじは見えてきます。

この一歩が間違うと後から大変な手間になります。

初期判断を間違えて、3年間も混乱収拾にかかった

ことがあります。

たかだか最初の一歩ですがとても大事にすべき。

混乱から抜け出すには、最初の慎重さが必須なのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
1 / 212