ITも指差し確認しかない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 8 6月 2016 7:54 AM

うっかりミスを防ぐ、といった課題に対しても

「ちゃんと確認する」

といった解決策がなされる。

しかし、再発防止にはならない。

うっかりミスは、ビギナーには起こらない。

ある一定以上のベテランに発生する。

そのため、再発防止策にどの企業も模索している。

KDDIが法人向けにメール誤送信を防ぐアプリを

開発した。

商品は下記動画になる。

2016Nazori Mail Checker

この商品はメール送信前に指差し確認するように

なっている。

指差し確認しなければ送信できないようにしているため

誤送信が防げる、というわけである。

うっかりミスは、結局のところ指差し確認でしか

解決しない。

それは、現場だけでなくパソコンで仕事をする方も

同じである。

日々同じ作業や入力をしている人ほど、指差し確認が

必要なのです。

事務所内では、指差し確認をすることが恥ずかしいと

いってやらない会社が多いですが、最後はそこに

戻っていくことになるのです。

 

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著
http://amzn.to/1WGExtN

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/