挑発広告

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 4 3月 2016 8:20 AM

競合他社を挑発する広告は日本では少ない。

なぜか。

下記は、ソフトバンクがKDDIを意識して

つくったとされるCM。

このようなストーリー性のあるCMに関して見ている

顧客は求めているものがある。

ストーリー性広告に求めるものというのは、

清涼感であり、ある種の感動といった感情です。

そうなると、競合他社を意識した挑発CMは

・後味がわるい

・完結しない低い満足感

という感情におちいってしまう。

そのため、日本では馴染まないのでしょう。

こうした原則を知っているはずですが

過去を見ても、人気が他社より陰りが見えると

挑発CMをしかけてくるようです。

焦りがそうさせるのでしょうか。

 

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/