思い切って捨ててしまうもの

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 8 8月 2013 8:27 AM

 

知識を思い切って捨てることが

成功体験に縛られない、ひとつの方法と

書いたことがあります。

意識的に捨て去って新たに学び直す

他にも、所有しているモノを分類し

処分してしまうことによって意識に

刺激を与えることが可能です。

会社でも、事務所の移動や席替えに

よって、個人の書類、荷物量はだんだんと

減らすことが可能です。

個人的に、引越しも同じような結果に

なることもあります。

中には引越魔と呼ばれる人は、

「何かをリセットしたい」

という衝動から行動していると思われます。

というのも、私もその1人だからです。

平均すると3〜4年で引越しを繰り返して

います。

その度に、荷物量を減らす結果になっています。

今後は、書類、書籍がデジタル化されたら

劇的に減るでしょう。

こうすることによって、

必要なもの

不必要なもの

を将来を見据えて選別できるのです。

また、捨てることによって

【痛み】

をともなうことも経験できるので

冷静な判断力が備わってしまう、という

オマケもついてきます。

このように、転換させたい時期には

物理的な行動で意識量を増加させることも

有効な手段のひとつです。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/