採用ページでの問合せを増やすには?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 20 9月 2016 7:04 AM

求人に力を入れる企業が増えています。

それだけ求人難の時期ということ。

3〜4年前と比較すると雲泥の差がありますね。

求人に力を入れる時に

「Webの採用ページリニューアル」

される企業も多いことでしょう。

採用ページでは、

・会社の理念

・会社の概要・沿革

・社長のことば

・先輩社員のインタビュー

などのコンテンツで充実させているのでは

ないでしょうか?

ただ、意外に忘れられている部分があります。

それは、

【採用担当者の自己開示】

です。

・採用担当者の写真

にはじまり、

・採用担当者の略歴

などを自己開示することです。

自己開示することによって、採用の

問合せや申込が急増します。

場合によっては2倍まで増えていくそうです。

考えてみれば、当たり前。

申し込む側から見れば、直接やりとりする

採用担当者の顔が見えない時に申し込んだり

問合せするのはハードルが高く感じるもの。

顔見せや略歴などの自己開示によって

安心感を感じ、親しみを覚え、ハードルが

下がっていくのです。

今一度、確認をしてみてください。

 

【参考】

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07416880Z10C16A9TQ4000/

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/