成功は約束されていないが・・・

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 16 2月 2018 9:25 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3341投稿目】

世の中を直視すると

成功は約束されていない

という現実の存在に気が付きます。

 

成功は約束されていないから

・何もしない

・努力しても意味がない

・チャレンジする気が起こらない

と考えてしまうこともあるでしょう。

 

その選択も間違いではありません。

 

ただ、

成功は約束されていない反面

成長は約束されている

という現実がもう一方にはあるのです。

 

ここに気がつく人は

・努力できる

・継続して力を出し続ける

ことが可能です。

 

「そうか成長は約束されているんだ」

と実感できる時に、力が湧いてくる

のです。

 

経営の場面で「どう教育するか」ばかり

考えてしまいますが、その前に

・成長の約束

を認識・実感してもらうことが優先する

と思うのです。

 

教育はこうしたプロセスが大切だと

感じています。

 

 

 

教育する力

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 11 2月 2018 9:14 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3336投稿目】

これだけ採用が困難な時期には

「教育する力」を発展させることが

優先されます。

 

企業にとって人材は人財と言われるほど

欠かすことのできないところです。

 

逸材を採用できれば、、、と思っている

経営者がほとんどではないでしょうか。

ただ、確実性の高い採用は存在しません。

 

なので

逸材の採用とあわせて考えたいのが

「教育する力」です。

 

ある企業では、リーダー研修を毎月行って

います。

 

座学ではなく、毎回自分たちで知恵を出し

解決する内容にしています。

 

知恵を出すには、現状を認識するための

リサーチからスタートしています。

 

自動車メーカーのホンダでは

「現場・現物・現実」

というスローガンがあるそうです。

 

まずは現場を見て、現物を確認して

現実を理解しろ、という意味だと

解釈できます。

 

こうしたプロセスを教え、シミュレーションを

重ねることで、自分で動き解決する力を

身につけていくのです。

 

 

成長は自らの限界を越えたところに存在している、

自分の想像している範囲の外にある、ということを

認識させることが教育だと考えています。

 

仕事をこなしているだけでは、実力は

早々に限界に達してしまうからこそ教育する

必要があると感じます。

 

 

 

一方通行では理解が深まらない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 30 1月 2018 9:18 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3324投稿目】

「何度も言ってます」

「何回も教えてるんです」

とリーダーの言葉。

 

スタッフへの教育、指導で行き詰まって

いるリーダーの言葉です。

 

時には、それを半年間、1年間と

そのままにすることがあります。

 

何度やっても結果が変わらないことを

意識してもらうまで期間をあける

ことがあるのです。

 

機が熟した時に

スタッフ指導時間を1/10にする

方法を伝えることにしています。

 

たとえば、

1日ごとに、ひと言アドバイス

でスタッフを成長させる方法などです。

 

語りすぎる、

教えすぎる、

しゃべりすぎる、

ことをやめさせるのです。

 

語りすぎるリーダーは相手にストレスを

与えながら教えています。

 

これが通用する人が少なくなっているのです。

 

ストレスを与えるのではなく、興味を持たせ

考えさせて、成長してもらう手法へと

時代は変化しています。

 

経営において教育は優先事項なので

こうした教育する力も伸ばすことが

企業の力になるということです。

 

 

 

人の成長をいつまで待つのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 28 12月 2017 8:03 AM

仕事における人の成長は永遠の課題です。

教える側は期待して教えますが、教わる方は

それほど期待値を正確にわかってくれません。

そのためか成長に時間がかかってしまうことが

多々発生してしまうのです。

しかも予想していた時間の2倍〜3倍かかって

しまうことも実際にはあります。

ではどうすれば教える側の意向に沿った形で

成長してくれるのでしょうか。

 

あるリーダーは「恐怖感」をベースに教育して

いました。

「はやく成長しなければどうするんだ!」

といった言葉を毎日のように投げかけていたのです。

この手法は意外に時間がかかってしまいます。

恐怖をベースに教育しても人は成長ではなく

単に固まってしまうのです。

恐怖を優先にしてはいけません。

 

恐怖とは逆のリーダーもいます。

安心感を与えるリーダーです。

細かいことに気を配ることができるリーダーとも

言い換えできます。

言葉は雑であったり乱暴であっても

細部に気を配ったり、裏方の人にも気を使ったり

ねぎらったりできる人は組織に安心感を

与えているのです。

こうした環境で育つ人は成長がはやいのが特徴。

要するに、人は安心できる環境にいないと

成長なんかしない、ということです。

 

なのでリーダーが安心できる環境をつくっていない

場合は何をどう教育しても時間がかかると思って

間違いありません。

成長の遅い人がいたら、環境を変えてあげることが

優先です。

そうすれば半年後には立派に成長しています。

 

 

 

 

人材採用は長期視点で考えるべき

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 28 7月 2012 7:29 AM

 

人材採用の結果が出てくるのは、

経営においては、おおよそ10年後になります。

先日も、そんな振り返りをしました。

今、活躍している人が入社した年次を振り返って

みたのです。

そうすると、8年から10年の歳月が経っていました。

ということは、現在取り組んでいる採用の結果も

10年後になるかもしれません。

そのときは、次世代の経営層メンバーになって

いるかもしれません。

企業の継続を考える上でも、そのくらいの長期

視点で考えなければならないこともあるのです。

ぜひ、社内の振り返りと今後の予測、計画を

8月に取り組んでいきたいところです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

彼はできる人だ、と言ってはいけない?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第7章自立型経営 | 日曜日 15 7月 2012 9:56 AM

 

教えるという行為は、相手に対して

強烈なインパクトを残します。

強烈なインパクトは

プラス面もあれば、マイナス面もあります。

プラス面は、問題ありませんが、マイナス面が

やっかいです。

特に教えている側が間違っていることに気がついて

いないことがよくあるのです。

たとえば

「さすが、○○さんは素質があるね」

とほめている場合があるとします。

一見、問題がないように見えますね。

しかし、 これは本人の成長を止めてしまう可能性も

あるのです。

どうしてか。

それは、

【素質がある】:【素質がない】

という先天的なもので能力が決まるという固定概念を

植え付けてしまっているからです。

なにか大きな課題があったとき、それを乗り越えられない

状態において、早々に

「素質がないから・・・乗り越えられない」

と考える人になってしまうかもしれないのです。

だからこそ、

「よくやった」

「よくチャレンジした」

と仕事に対するスタンスや挑戦姿勢をほめるべきなのです。

先天的な能力、才能、素質という話題で片づけないことが

ここのポイントになります。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

成長は突然やってくるもの

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第1章組織,第5章実行 | 水曜日 25 1月 2012 8:04 AM

 

 成長は突然やってくるもの。
狙ってできるものではありません。

ただ、誰でも成長する、という

原則は変わらない。

先日もうれしい報告を相次いで

いただいた。

こんな機会は、頻繁には訪れない。

時間がかかるから。

ただ、この瞬間のために仕事している

自分もいるのです。

長い時間をかけて、とりくんで

答えを探し、再現性を求め

量をこなしていく。

時には、時間を忘れ、語り、

話し合い、激しく議論を交わし、

そして、ほんの少しずつ前に進む。

その繰り返しがあるからこそ、

時には、大きな飛躍があり、

まわりを驚かすもの。

それまでの苦労は忘れるものです。

いつも、うれしい報告を聞くたびに

人の可能性を感じます。

できないと思っていたことが

できた瞬間は、最高に嬉しいはず。

その姿を裏方として見るたびに

人の可能性を否定してはいけない、

限定的にとらえてはいけない、

決めつけてはいかない、

と振り返ることにしています。

 

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/