昨日までの文脈に明日はない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 1 1月 2017 7:40 AM

崖

人は過去に縛られる。

特に将来予測をする時に過去の延長線上に

将来を描こうとする。

過去から現在の文脈をなぞることが得意なのだ。

しかし、時代はちがう。

突然、盤石だったビジネスが陳腐化する。

技術革新や新サービスによって淘汰されて

しまうのだ。

これを「断絶」という言葉で表現されている。

今年も断絶の場面を見せられるような気がする。

だからこそ、いつでも柔軟に対応していく準備が

求められていると感じます。

そのために、毎日の中で敏感に感じる時間が

必要になるでしょう。

そんな2017年がスタートしました。

 

 

 

 

【参考】

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11254910R31C16A2MM8000/

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

文脈に沿った新しさがイノベーション

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 10 9月 2014 8:01 AM

今までにない新しいカタチ、新しい機能を

目指す経営者が多い。

斬新なものを開発やアイデアに求めてしまう。

しかし、そこには、若干の危険もともなう。

なぜなら、顧客側から見たら商品サービスの

歴史という文脈から大きくはずれてしまう

ことがあるからだ。

言い換えれば、文脈の違う新しさのために

「よくわからない」

商品サービスになってしまうことであり

「奇抜すぎる」

内容になってしまうことである。

他社にないものを!というスローガンは

理解できますが、最終的には顧客が理解できるか

がカギになります。

このバランスを取ることが経営者には求められるのです。

 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/