3ヶ月で1人前に育つ仕組み

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 10 7月 2012 9:08 AM

 

新人教育について。

新卒と中途入社がありますが、どちらも

短期間で育つことが企業にとっては利益です。

営業部門:新卒の事例、

先月において入社3ヶ月でその会社の1人前と

呼ばれる基準に達しました。

しかも、その人数は1人ではありません。

会社のシステムが成立しているという前提ですが

これだけのスピードで育つことが実証されたのです。

商談時間は、2〜3時間。単価も数十万円と高額で

競合10社以上という営業内容です。

 

通常、「新人さんは、育つのにどのくらいの期間

かかりますか?」と質問すると、新卒、中途に

関わらず、「1年間かかります」、「2〜3年は」

という返答が多い。

そうすると、なぜか結果が出るまでの期間も

その通りになることが多いのです。

今回は、3ヶ月で1人前にする、ということを

最初から決めていました。

そのため、教育期間を短くすることにしました。

短期間で「覚える」「暗記する」「使いこなせる」

ために何をすべきか教えていたのです。

教え方は具体的になればなるほど、結果がはっきり

出てくるわけです。営業トークが膨大な量でも

数日で覚えることを目標にすれば、新人教育は

劇的に短くなります。

また、使いこなせる技術も教育すれば、落ち着いて

できるようになるのです。

こうした基本を短期間で習得する技術を社内に

定着させれば、事業展開も幅広い計画を立てることができ

会社にとっては大きな利益をもたらしていくのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/