営業話法は古い新しいはない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 11 2月 2014 9:36 AM

 

ネットで購入する、スマホから購入する、と

消費者の購買方法や購買ツールは年々変化しています。

しかし、購買、購入の決定は人間が行っていることは

不変です。

そのため、

営業トーク 

キャッチコピー

などの手法は、古い新しいはありません。

人の心に響かせる、という目的が同じだからです。

20年ほど前に営業研修で流行った内容があります。

今の営業さんたちはその内容を知りません。

ベテランで当時研修を受けた方も内容を忘れています。

そんなときは、再度、当時の手法を見返すことです。

そのまま使うことができる場合もありますし、

時代性の内容部分については、アレンジして使います。

ただ、基本的な手法の流れは同じなのです。

これは、100年近く前と比較してもわかります。

広告などの宣伝方法は変わっていないのです。

人が決定している、という不変性を見抜くことも

大切なことですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/