工場新設の要因はインバウンド

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 12 12月 2016 8:24 AM


日本製紙が工場新設を発表しました。

しかもトイレットペーパーをつくる工場を

新設するとのこと。

人口減少の日本でトイレットペーパー工場を

新設とは思い切った投資です。

要因を見てみると

・インバウンドの増加

が、この決断に至ったようです。

年間2000万人以上の外国人旅行客が

平均6〜10日間滞在する。

そうすると、人口が50万人前後増加したと

同じことになるわけです。

(人口0.4%増)

このインバウンド需要拡大か新工場へ

後押ししたわけですね。

市場縮小という固定概念だけで見ていると

自ら視野欠損を招いてしまいます。

フラットに見ていきたいところです。
【出典】

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10432590Y6A201C1000000/

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/