スマートブラインド

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 4 11月 2017 7:44 AM

自動開閉のブラインドが家庭用に

普及しそうです。

もともとビルでは自動ブラインドが

設置されているのを見たことがあります。

今後は、後付けブラインドでも

自動開閉できるようになっていくのです。

時間設定で開閉したり、温度に合わせて

開閉したり、明るさに応じて開閉する

ようになるということです。

こうした商品が家庭用に普及期を

迎えていきます。

価格が下がった時に一気に普及して

いくことでしょう。

住宅を新築するとき、リフォームするときに

取り付けする人も増えていきます。

「快適さ」が当たり前に手に入る

時代へ移行しているのです。

 

 

 

【出典】

https://www.mysmartblinds.com/

 

————————————————————–

おすすめ書籍

50 代から実る人、枯れる人 
松尾 一也 氏
http://amzn.asia/81mn7XL

————————————————————–

【7冊目の拙著2017年11月発売予定】

『図解でわかる!段取り時間術』

【6冊目の拙著 2017年10月発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

 

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

普及期における落とし穴

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 28 9月 2012 7:46 AM

 

新規商品サービスを広げていく時には

注意点があります。

まず、認知がないので、購入する時に、

不安

がつきまといます。

そのため、事例の提示が欠かせません。

購入する人のまわりで1人も所有していない、

体験したことがないものほど、事例が不可欠に

なってきます。

それと同時に、売る側は、

提供する商品、サービスがユーザーに届いてから

【結果が出ている】

ことの確認が求められます。

結果をユーザーにもたらしている、利益を生んでいる

 ことなのです。

そのため、提供した商品サービスが

使用されていること

繰り返されていること

を把握する必要があるわけです。

普及期には、こうしたポイントを押させておきたいですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/