未来の現場 KOMATSU スマートコンストラクション

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 5 1月 2016 9:03 AM

土木の現場が将来大きく変化しそうです。

株式会社小松製作所が描く将来の現場は

スマートコンストラクションと呼んでいます。

下記の動画を見るとわかりますが、

・測量はドローンで空撮

し、作業現場を3D化。

作業内容をパソコン上でシミュレートし

施工計画を無駄なく作成。

実際の作業は、ICT建機を用いて、初心者でも

ベテランと同じ作業時間で終わらせてしまう。

実際には、ICT建機が実現のレベルまで来ているようです。

下記、次の動画では、初心者が3日間で法面整形を攻略する

ことにチャレンジしています。

通常は3年〜5年の経験によって可能になる作業。

これを3日で攻略してしまうのがICT建機の実力と

いうことでしょうか。

思ったより、土木の業界は普及するのも早そうです。

先進的なメーカーが存在するだけで業界のレベルも

一気に進むことになるでしょう。

 

【出典】

http://smartconstruction.komatsu.co.jp/

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】