株主と経営者のちがいを感じる時

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 10 8月 2012 8:48 AM

 

 経営者と株主が一緒の場合と別の場合があります。

中小企業では、一緒であることが多いため

社員の方も株主とは何か?というのをあまり

理解するタイミングがありません。

そのため、最近は新入社員の方に会社が何で

成立しているのか、を話すようにしています。

株主の存在がクローズアップされる時期というのは

経営の決定権をめぐって争われる時だけです。

そんな場面はほとんどありません。

しかし、少ない場面でも経営権をめぐって

争われる時は、株主の力を感じます。

経営している人がすべてを決定できるわけでもなく、

やはり株主が決定権があるのです。

そのため、今まで何も起こっていない場合でも、

将来はわかりませんので、はっきりしておくことは

大事なことなのです。

話し合いにくい内容ほど、できるだけ早く話しを

しておくべき。

そんなことを考えさせられる一日でした。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/