金属部品の樹脂化が将来実現する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 29 9月 2016 8:22 AM

今まで金属の部品でしかつくられなかった

自動車などのエンジンが部分的に

「樹脂化」

される目処がたったようです。

耐熱性やコストの問題で樹脂化が困難だった

エンジン部品。

「エンジンブロックやバランスシャフトの歯車、

ターボチャージャーの吸気ダクト」

から樹脂化されるようです。

自動車にとってエンジンは重量物にあたります。

車体重量の1割をエンジンが占めているのです。

そのため樹脂化によって、思い切った軽量化も同時に

実現することができる。

2000CCエンジンで約40kgの軽量化になり

燃費も3%向上するようです。

樹脂化の実現は2020年頃と予想されています。

実現されることによって、業界も変化します。

自動車部品メーカーは入れ替わることになるでしょう。

技術の革新は、こうしてメーカーの淘汰と新規進出の

動きを同時に起こさせるものなのです。

 

 

【出典】

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06794330S6A900C1000000/

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/