IoTは不便で手間がかかるところから

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 14 4月 2017 8:06 AM

長野県大町市が企業と共同でIoTのひとつで

ある「LoRaWAN」の実験をしている。

具体的には、水源・配水池の状況を遠隔で

監視するもの。

というのも、このエリアは冬になると積雪があり

水源・配水池の状況を確認に行くのが大変。

そこをIoTで遠隔監視する実験なのだ。

こうした、アナログで点検しているが手間が

かかることは、一気にIoTになっていくだろう。

「LoRaWAN」ならば維持コストも低額なので

拡がる時は一気に普及すると予想している。

 

水道の維持管理コストは思っているより

費用がかかっている。

そのため、各地方自治体は水道コスト削減には

積極的な姿勢を見せるはず。

そこにベンチャー企業の商機があるわけですね。

 

【出典】

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1054505.html

https://39meister.jp/

http://hatapro.co.jp/

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/