小型ヴィークルから見える将来

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 12 8月 2016 8:21 AM

上記のような小型電気自動車が開発されているようです。

4人乗りで世界最小サイズ。

しかも水陸両用。

水陸両用は、道路が冠水した時や災害時に有効、とのこと。

こうした小型ヴィークル(小型モビリティ)は、数多く

開発が進んでいます。

都市部での移動や配達に有効、便利だとされています。

ただ、有効なのは都市部に限った話ではなく、

地方でもニーズがあるのです。

自動車の普及率は地方の方が高い。

しかも、利用時に乗車している人数は、1人の場合が

ほとんどです。

中には、軽自動車でも大きすぎる、と感じている人も

いるのではないでしょうか。

実際に、小型ヴィークルは地方のシニアの方が

長年所有しているケースもあります。

今後は、電動の小型ヴィークルが普及していくのでしょう。

1人を移動させるエネルギーやコストを考えれば

軽自動車から小型ヴィークルへシフトする人も

一定の割合で出てくるのは確実です。

 

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/