たとえ優秀な人であっても

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 11 9月 2012 7:34 AM

 

会社は組織です。

そこに社員という人が複数いて成立しています。

そのため、 ルールが存在しています。

ルールが守られる、秩序が保たれることによって

組織が成立するわけですね。

しかし、時にはルールを守らない人も出てくるものです。

そんな時、どのような判断をすればいいのでしょうか。

特に困るのが、「優秀な人」の場合です。

この場合は

【どんなに優秀な者であっても、法や規律を曲げて

責任を不問にすることがあってはいけない】

という基準があります。

秩序を乱すまでひどい場合は、優秀な人であっても

あえて厳しい決断を経営者がしなければなりません。

それは、本人のためでもあります。

経営においては数年に一度、そんな場面が訪れるものです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/