消費市場と貯蓄市場のあらそい

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 19 7月 2015 9:34 AM

 

『消費市場と貯蓄市場のあらそい』

と言われることがあります。

高度経済成長期は、「消費市場」しか

クローズアップされませんでした。

しかし、その後は、「貯蓄市場」の方に

意識が傾いたのです。

消費市場<貯蓄市場

という図式になったのですね。

その後、25年あまりが経過していますが

まだそのままのような気がします。

貯蓄市場の方が大きいままになっているのです。

なかなか逆転しません。

将来不安が大きい、と言われていますが、

貯蓄市場に慣れてしまったとも見てとれますね。

とくに地方は顕著です。

消費せずに結局のところ貯蓄していることになってしまっている

というのが現実ですね。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/