半数以上がゼロ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 27 2月 2018 7:54 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3352投稿目】

大学生の半数以上が

「読書時間ゼロ」

という調査結果が発表されました。

 

読書時間ゼロが半数を越えるのは初めて。

調査は約1万人に行っており、電子書籍も

読書に入っているとのこと。

 

ただ、どのような本が読書とみなすのかは

個人ごとの判断に委ねられている調査結果です。

 

これと同時期に、漫画の電子書籍が紙(単行本)を

上回ったというデータも出ています。

 

漫画全体の売り上げ(単行本+電子書籍)は

3377億円であり、前年比0.9%減となっています。

 

ただ、無料で読める漫画の問題があるので

実際に売り上げ減をそのまま受け止めるわけには

いきません。

 

大学生の読書時間ゼロもそのまま受け止めると

カン違いを起こしそうです。

 

というのも、読書以外の行為で読書と似たような

行動は増えていると予測しているからです。

 

じっくり1冊の書籍を読む行為は減っていても

文字を読む行為は時間的に増加しているはずです。

 

コンテンツとして書籍の魅力が下がっているという

予測も立つのではないでしょうか。

 

 

【出典】

漫画単行本、電子版が紙を上回る 市場全体は0.9%減:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27390720W8A220C1000000/

大学生「読書時間ゼロ」半数超 実態調査で初:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27402030W8A220C1CR8000/