ムダが見直されている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画,第5章実行 | 火曜日 12 6月 2012 8:20 AM

 

「ムダなことをするな」という効率主義から

「ムダなことからヒントがある」という流れに

変わりつつあります。

 

この流れの要因はなぜでしょうか。

 

私の解釈は、

「ムダと言われる部分に基礎が形成される」

と考えています。

効率は、基礎、基本があってこそ、向上します。

基礎、基本がないのに、効率を求めるのは

おかしなことです。

 

たとえば、顧客との接客商談も

人間関係という基礎

があってこそ信用が生まれ、信頼されるのです。

人間関係の基礎が形成されるには、人によって

かかる時間がちがいます。

その時間を短縮させることは不可能です。

 

効率主義では、すべての時間を短くすることを

考えてしまいがち。

そうではなく、可能なところと、そうでない部分を

見極めるべきなのです。

 

まわりから見てムダであっても、大事な部分が

形成されていることがあります。

見落としたくないところです。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/