強みを捨てる時もある

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 28 2月 2014 6:40 AM

 

牛丼各社の戦略を定点観測すると

大きく戦略が変遷していることがわかります。

吉野家を筆頭に新規参入もありながら、

【価格競争】

をしてきた牛丼業界に変化が出ています。

景気が下がるときは、

【価格優位性】

が強いので金額の安さが強みになります。

しかし、景気が上向いているときは、そうなりません。

そんな中で、迷走していた吉野家が12月から

思い切った戦略変更をしています。

いわゆる、【強みを捨てる】戦略ですね。

「はやい、やすい、うまい」の吉野家が

【はやい、やすい】を捨ててきたのです。

牛すき鍋膳などの、今までより高い価格帯、

時間のかかるメニューを投入し、好調を維持しています。

これは、今までの牛丼各社をライバルと想定していません。

ファミレスをライバルと想定し戦略を立てているのです。

そのため、ファミリー層などの新規顧客が増えています。

こうして、価格競争から脱皮し、ひとつ上の競合と

比較させていくのもひとつの方法ですね。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/