現場・現物・現時点

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント,事業承継者のための生き残り組織運営 | 金曜日 10 10月 2014 8:36 AM

ユニ・チャーム株式会社の三現主義とは

「現場・現物・現時点」

の3つ。

 

これが社内で徹底されているそうです。

そのため、

【現場で現物を見ながら、

現時点で何が求められているのかを考え、

何を仮説とし、何を検証するのかをディスカッションする】

ことが定着しているわけですね。

 

たとえば、商品のものづくり。

マーケティングの人も製造現場に何度も来て

ミーティングをしているのです。

 

工場が地方にあっても東京から月2回などの

頻度で出向くそうです。

 

強い企業ほど、社員の移動距離が多いのに

気が付きます。

 

効率、という名のもとに、なかなか集まろうと

しない組織もありますが、総じて対応力が遅い

傾向にありますね。

とにかく、現場に答えがあることは間違いありません。

 

【参考】

http://www.obt-a.net/web_jinzai_magazine/person/2007/01/post-14.html

1 / 11