斬新とは省略することでもある

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 16 12月 2013 8:19 AM

 

「斬新は省略すること」

と言われています。

斬新な商品、斬新なサービスは

大胆に何かが省略されている、ということです。

ということは、

斬新なモノを開発しようとするならば

「何かを省略する」

ことを考えるべきなのです。

【省略】という視点で見ていくことが

その時に求められるのです。

「ひとつの動作」ですべてが完結しないのか、

と考えてみたり、

「この内容を省いてしまう」

ということを当たり前に行っている中に

見つけ出すことです。

これは、ベテランになればなるほど

苦手な部分。

「当たり前」「常識」と思っていることを

もう一度、疑ったり、見直したりするのは、

ひとつの能力なのです。

磨いていきたい部分ですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

特に進まない時はムダを省く

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 土曜日 18 2月 2012 10:58 AM

様々な手を打って経営を進めるときに

思うように進まない時が出てきます。

 

先日もこんなことがありました。

「計画を立て、todoリストもつくり

スケジュール表まで落としこみを

していたのに。

まったく進んでないのです。」

 

準備は完璧。

しかし、現実は動こうともしない。

こんなことは、経営の現場でよく起こります。

 

そんなときに、

対処療法を行うことは、もぐら叩きに

なりかねません。

更に計画をがんじがらめに固めて

しまったり、さらにチェックを増やして

しまうことです。

 

ここは、バランスを取る必要があるので

細かさの追求と同時並行で

【ムダを取り除いていく】

ことなのです。

 

ムダを省くことは、チェック体制が甘くなる

という恐れを感じますがそんなことはありません。

チェックするということは、

ポイントをついてチェックする

ことがもっとも大切なこと。

 

だからこそ、チェックの中に、あまり意味がなかった

ものを思い切って省いていくことです。

 

新しい仕組みやチェックを取り入れるときに

【ムダを取り除いてあげること】

も大事なことなのですね。

 

特に行き詰まり感が出てきた時ほど

このムダ取りを優先事項として実行

してみてください。

 

行き詰まりの時ほど、会議、ミーティングの内容で

ムダまでも取り除くことをおすすめします。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/