知らない分野を質問された時に

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 11 7月 2012 7:08 AM

 

お客様と打ち合せをしている時に、

自分の知らない領域・分野のことを聞かれる時があります。

その時に、どんな対応ができるのか?

「その件については、専門の担当がおりますので

後ほど連絡いたします」

と答えている方が多いのではないでしょうか。

間違いではありませんが、これですと効率がわるい。

お客様は、専門の担当者から連絡があった時に、

再度同じ説明をしなければならないのです。

そのため、進捗も遅くなり解決まで時間がかかるのです。

この場合、知らない分野の話しを受けた人が

違う対応をすることにより効率が一段と上がるわけです。

「と、おっしゃいますと具体的にはどのような・・・?」

「・・・とは、具体的にどのようなことでしょうか?」

とさらに具体的にヒアリングを重ねておくことです。

 そうすれば、お客様は同じ説明を2度することもなく、

引き継いだ担当者も進行がはやくできるのです。

このように、ちょっとしたひと言で仕事の効率が

上がることがあるので、ひとつひとつをチェックして

いきたいところです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/