目先の業務に追われると長期視点が失われる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 15 8月 2012 6:49 AM

 

会議資料を見ると、その会社の視点が

わかります。

短期視点か長期視点なのか、すぐ理解できます。

先日も、「今月の報告のみ」の会議がありました。

資料は細かく、レベルの高い資料を使っていましたが

今月のみしか掲載されていません。

 そのため、今月までの累計がなかなか理解できない

のです。

また、今後の予測もなかなか見えてきません。

これでは、もったいない。

長期視点を追加すれば経営が楽になるのです。

そのためにも累計の視点で資料を追加する

だけでいいのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/