ひとり成長できない人の今後

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 25 1月 2017 7:30 AM

勉強

 

労働時間は、今後短くなるでしょう。

そうなると、

・生産性

が問われます。

もうひとつ、問われるものがありますが

わかりますでしょうか。

隠れていて、わかりにくいですが

・研修教育時間が不足する

ということです。

労働時間内で、研修教育する時間と予算が

削減するのではないか、ということです。

となると、どこで差がつくのか?

それは、

・ひとりで成長できるかどうか

という力を問われることになるのです。

独学とか、自習とか、自己管理とか自己成長などと

呼ばれる分野です。

家に帰ってから、

・独学時間

を取ることができるかどうかで、大きな差が

ついてしまうのです。

この差は想像以上に大きなものになりそうです。

通常、人は人から見られることによって

行動を決めています。

ひとりでいる時には、

「怠惰」

になるようにプログラミングされているのです。

そのプログラムを強制的に書き換えできることが

カギになります。

最初は、ひとり勉強が必要だと気がつくことからですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が390枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/