ディスラプションとは

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 5 1月 2018 7:38 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3299投稿目】

ディスラプション( disruption )という

単語があります。

 

「創造的破壊」「創造に向けた破壊・革新」

という意味の単語です。

 

ビジネスでは

ディスラプションの時代

という使われ方をします。

 

破壊というと、ただ壊す、解体する

というイメージですが、創造に向けた

破壊なので

・既成概念を崩す

・既存体制を崩す

といったニュアンスの方がわかりやすいと

思います。

 

ビジネスにおいては、創造に向けた

変化は日常のことです。

同じでいいはずはありません。

 

改めて、ディスラプションという単語に

表されるような「創造的な破壊・革新」が

経営の中に優先されているかを年初に

確認したいところです。

 

破壊・革新を実践しようとすればするほど

時間も長く感じるものです。

それは単純なルーティーン作業ではなく

新しいことを作り上げようとするからです。

 

新しい課題、新しい発見が見つかる度に

驚きがあり、悩みが発生するからです。

 

今年も時間軸が長く感じるような年に

していきましょう。

 

 

 

 

新規事業の構築方法は破壊

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 21 9月 2013 8:09 AM

 

英国のヴァージン・グループ。

設立が1970年で、43年目。

その間に、つくった会社は400個。

毎年、9社設立していることになる。

その中で、8社は企業価値が

10億ドル以上になっている。

では、新規事業のコツは、何か?

創業者のリチャードブランソンは、

「効果的な新規事業の構築方法の1つは、

顧客の役に立つ製品や素晴らしいサービスを提供して

競争相手から客を奪い、ひと市場を破壊すること」

と言っています。

顧客の立場に立って、ビジネスを考える、

サービスを考えること。

打ち出す内容は、市場を破壊するくらいの

インパクトを持つこと、

にあります。

こうした原則を知りながら、ヴァージン社の

ビジネスを見ていくと一定の法則に基づいて

構築されていることがわかります。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/